Entry: main  << >>
食道がん,子宮頸がん,皮膚がんの再発転移予防に効果

がん患部へ特殊なシートを貼り付ける新治療法の効果が確認された。

新しいがん治療シートは、新開発の特殊なシートをがん細胞に貼り付けることで、手術後の任意の時期に体外から磁場をかけ、シートの発熱とシートから出る抗がん剤でのダブルの治療効果が得られる。

がん細胞は熱に弱いため、がん患部を45度程度に温める「温熱療法」が効果があることは広く知られている。

新開発のがん治療シートは、磁気を帯びた粒子が練りこまれ、さらに抗がん剤が混ぜられている。がん治療シートは体外からでも磁場が掛けられると、45度程度に発熱し、さらに熱に反応したシートから抗がん剤が放出される仕組み。

実験では、皮膚がんの培養細胞にシートを適用したところ、1日5分間の磁場による発熱で、2日後にはがん細胞が19%まで減少した。 抗がん剤だけだと26%、発熱だけだと69%にしか減少しないことに比べると、有意にがん治療シートの治療効果が確認されたのだ。

がん治療シートを新開発したのは、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)。

新シートの治療対象は、皮膚がんだけでなく、食道がんや子宮頸がん でがん細胞が表面を覆う症例=扁平上皮がんへも効果的な治療対象と期待が高まっている。

| stage-4th | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Profile

Recommend

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode